適度な食事制限とストレスをためないことがダイエット成功の秘訣

私は小学生の頃からどちらかというと肥満に近い体型でした。
中学から高校時代にかけ、自分の体型が気になり始め、極端に食べる量を減らしていたところ、いつの頃からか月経が来ないようになりました。
月経ない期間は10ヶ月ほど。無理なダイエットが原因だということは病院に行かなくてもわかっていましたが、それでも太ることが怖く、ダイエットを続けていました。
ダイエット開始した頃は50キロ近く。その時期に比べると10キロ近く痩せていました。
その体重を維持したまま就職が決まり、仕事によるストレスでリバウンドしてしまいました。

そんな状況で仕事を辞め、違う職場に就職してからはまた痩せ始めました。
私はストレスをためると食事の量が多くなり、ストレスがない時は食事の量が通常に戻ります。
現在は標準体重よりも4キロほど痩せている状況ですが、今の体型が一番合っていると思います。
無理な食事制限をすると体に良くありません。
また、ストレスをためると女性は甘いものが食べたくなったり、やけ食いしたりすることが多いと思いますので、ストレスをためないように趣味を見つけたり、気持ちがスッキリするような運動等をすることが大切だと思います。

また、ダイエットをするには自分にあったダイエット方法を見つけることが重要です。
少し前に有名になった糖質制限ダイエットを行っていた人は急死、体重を日々メモして痩せると唱えたレコーディングダイエットの著者はリバウンドしたとメディアで取り上げられていました。
無理なダイエットは体にも負担がかかる為、ストレスなく、自分の体とよく相談しながらダイエットを行うことが重要だと思います。

昼一食ダイエット【体験談】

仕事が忙しくて不摂生をしてしまい、体重が過去最高になってしまったときのはなしです。
さすがに、見た目だけではなく健康的にやばいと思いダイエットを始めました。
結果的にはそこから半年間で12kgのダイエットに成功し、現在もリバウンドは全くしていません。

それは無暗にダイエットしたからではなく、ちゃんとしたダイエット法を調べてからダイエットを始めたカラダと思います。
このダイエットの具体的な方法は昼一食だけにします。
このとき、炭水化物は意識的に摂るようにしました。
なぜかというと、日中はビーマルワンという食べたものを脂肪に変えるホルモンがあるんですが、これが夜に比べると3分の1に減ってしまうからです。

つまり、夜に食べると昼間より太りやすいということです。
なのでお昼は好きな物を食べますが、夜は食べない、または食べてもほんの少量にします。
また、脂肪を燃焼しやすくするには箪笥怪物は必須なので、お昼は意識的に炭水化物を摂るようにしています。

そして、夜は炭水化物は一切食べません。
夕食は納豆にキムチと生卵、そしてキュウリもしくはセロリをまるごと一本そのまま食べます。
キュウリの場合はもろみみそをつけて、セロリの場合はマヨネーズをつけます。
あとは冷奴を食べます。
冷奴はかつおぶしとすったしょうがをのせて醤油をかけて食べます。

朝はプレーンヨーグルト200~250gにレーズンを入れたものくらいで軽く済ませます。
こう書くと甘いものが一切ないようですが、甘いものは午前中だけにしています。
10時頃にチョコレートなどすぐにエネルギーに代わって脳の働きを良くしてくれるものを選んでいます。

このダイエット法のいいところは昼に好きなものを食べられるという点です。
お昼限定ですが、欲しいものを食べられるというのはダイエットで色々制限がある中で精神的な助けになります。
1日中我慢の連続ではさすがに長続きしないことはこれまでの経験から判っていたので、救済があるという意味でも精神的に楽になりダイエットが続きやすいです。

ちなみにお酒は週1回だけ飲んでいます。
本当は飲まない方がいいのですが、あまり我慢しすぎてもダイエット失敗の原因となってしまいますので、少しくらい逃げ道を作っておいた方がいいかと思います。

ダイエットに焦りは禁物【体験談】

現在、軽い糖質制限と小豆ダイエット、ジョギングで理想的な体型目指して頑張っています。

振り替えれば、小学生から出不精で肥満児。
中学、高校とずっと帰宅部で、高校を卒業する頃にはもう立派なオバサン体型でした。
その頃が体重のピークで70キロほどありました。
さすがにこのままだとまずいと感じ、ダイエットを開始下のが短大に入ってからです。
当時は今ほど情報が豊富ではありませんでしたので、見よう見まねで夜ご飯をキャベツだけにするという、置き換えダイエットに挑戦しました。
この頃は若いということもあり、多少の無理も出来ましたので、半年足らずで55キロにまで減りました。
この短期間での15キロのダイエットに成功し喜んでしまったのが運の尽きでした。
ダイエットなんて簡単じゃんと思い込んでしまいました。
これが今でもダイエットに悩む原因かもしれません。

社会人になった私は、仕事での人間関係に悩むようになり、ストレスを感じるように。
もともと食べることが大好きで特に甘いものに目がなかったので、唐揚げや豚カツ、ご飯など出てきたものをすべていただいたあとスィーツというまさにデブまっしぐらの生活をしていました。
この頃はお腹をいっぱいにすることでストレスの発散にしていたのです。

この結果、学生時代に痩せた体型は元に戻ってしまったのです。
増えた体重は簡単に減らせれるとさほど重く捉えることができませんでした。
結婚をして一人ではなくなったこともあり、食生活はだいぶ改善しましたが痩せるには至らず。
夫婦は似てくると言われている通り、旦那までダイエットが必要な体型になってきたので一緒にジョギングと小豆ダイエットをはずめることになったのです。

一度しかない人生で、一回くらいはしなやかな肉体になりたいと夫婦で一念発起。
昨年秋から5キロのジョギングを週4で実施しています。
さらに今年から小豆スープを飲む小豆ダイエットも取り入れています。
その結果もあって3か月で5キロ痩せました。
今までずっと肥満体型だっただけに焦らずじっくりと取り組んでいくことで必ず未来は開かれると確信して頑張ります。

「辛い」はダイエットには不要!?

ダイエットに失敗する方には共通した傾向が見られるってご存知でしょうか?
それは、長く続くわけもない厳しい節制やトレーニングを短期間続けて、脂肪が減ったというよりも軽度の栄養失調などで水分が減っている状態を痩せたといって喜んでしまうことです。
または健康的な生活により排便がよくなった結果も同様に痩せたと思ってしまうこともあります。
水分や便と脂肪の区別がついていないのです。

脂肪というのは1キロで7000キロカロリーもあり、そう簡単に減るものではありません。
それでも激しいダイエットによってなんとか体重を減らしても、リバウンドですぐに体重がもとにも沿ってしまいます。
ダイエットによって飢餓状態に陥ってしまうと、身体は栄養をよりたくさん吸収しようとします。
その状態でダイエット前と同じペースでご飯を食べてしまうと、すぐに体重が元に戻してしまいます。
この状態のことをリバウンドといいます。
体重が減ったと喜んで以前の食生活に戻しても、減らしたぶんがキープされるどころか以前よりも体重が増えてしまいます。激しいダイエットは気疲ればかりしてあまり効果的ではないのです。

短期間で何キロ減らすなどの高い目標を掲げるよりも、具体的な目標をたてずに生活スタイルを変えていくほうがダイエットは成功します。
たとえば高カロリーな食事をする曜日を決めてそれ以外のときは野菜中心の食事にするなどです。
その場合に大切なのは、苦しさに我慢するように野菜を食べるのではなく、味付けを工夫したり野菜料理を美味しくする方法を考えることや美味しい青汁などを手軽に続けることです。
そうしてダイエットの苦しさを減らすことは、ダイエットを長く続けたり、色々と組み合わせる場合にとても大切になってきます。

辛いことは長続きしませんが、辛くないことは続けられます。
運動なども楽しいと思える範囲で散歩をして、それを日常にするほうが短期間だけアスリートのような生活をするよりも効果的です。
ゆるやかなダイエットはリバウンドが起こりにくいという利点もあり、長期的にみれば効果的なのです。

それでも、なんらかの理由で限られた期間で体重を大幅に減らさないといけない場合があるかもしれません。
そういう時に役立つことなのですが、たとえばなにかに夢中になって、食事を忘れるという経験はないでしょうか。
子供の頃には誰しもあることですが、楽しいことをしていると脳に血が集まって食欲が起こりません。
映画や小説、コミックでも構いませんが、好きなものを集めて夢中になって読み漁り、そのまま眠たくなる時間まで逃げ切るというのは、非常にシンプルですが効果的です。
とにかく、必死で耐えるような形のダイエットは破綻することが多いので、ゆるやかで長く続けられるダイエットがおすすめです。

ダイエットには意識改革も必要!【体験談】

「ダイエット」この言葉は、多くの女性にとって人生に付きまとうものではないでしょうか?
実際のところ、管理人もそうです。
ありとあらゆるダイエットしてきましたが、そのほとんどが失敗に終わり、数ある成功もすぐにリバウンドという悲劇が待っていました。

これでは一生痩せられないのかと悩み、そもそもダイエットに何の意味があるのか?
痩せた自分が今より綺麗だと言える保障はあるのか?
不安になると、ストレスのはけ口に食べ物に走る。。。客観的に自分を見つめることができず、このような悪循環にはまっていました。

では周りにいる痩せていて綺麗な人はどうなのだろうと疑問が湧きました。
いざ様子を見てみると、彼女らは外食を共にした時は、おしゃべりを楽しみながら一般的な量を満足するまで食べていましたし、特別な運動をしているか尋ねると、毎日寝る前にストレッチをしているということを話してくれました。

管理人から見ても彼女は決して食べ物を我慢しているわけではなく、無理に激しい運動をしているということもありませんでした。
きっと彼女たちは無意識のうちに細身のままでいられる習慣が身についているんでしょうね。

この習慣化するということは、今までダイエットに失敗してきた人にとっては1から新しい言語を覚えることと同じく難しいことかもしれません。
もし楽器が弾ける人や他言語が話せる多くの人でたとえると、彼ら/彼女らは覚えて上達するのが楽しいから修得できた人たちだということです。

ダイエットが上手くいかないこと、それはこの楽しむ力が不足しているからではないでしょうか?
例えば、痩せること自体が楽しい、新しい食生活が美味しくて満足できる、運動が自分に合っていて体が楽になるからまた明日も続けたいなど、楽しみを見つけることがダイエットを習慣化する大きな要因なのです、

実際に管理人の場合は、お菓子作りが元々好きでしたので、「楽しい」をダイエットに組み込むのに、我慢していた甘い物を自分で作ったヘルシーな物なら食べても良いと決めました。
結果的に、一番ストレスを軽減してくれることとなりました。

低カロリーで味も美味しいお菓子を作るため、ネットに載っているレシピを参考にし、オリジナルのレシピを考えるのはとても楽しい時間でした。
カロリー計算がだんだんと身についてきたことで、普通の食事も頭の中で大体のカロリーを計算しながら選ぶようになっていきました。
そのうち太らない一日の摂取カロリーがだいたいわかってくるようになり、それに伴い体重が少しずつ減少していきました。
半年ほどで、MAX体重より5キロも減らすダイエットができました。
今も意識せずカロリー計算することと、お菓子作りが生活の一部になっています。

この経験から痩せられる近道は、小さな楽しみを糸がかりに理想の体型になる習慣を身につけることです。
とにかく楽しいことをすること、逆に言うと辛いことばかりで心に喜ぶことがなければ、成功は遠のいていくのだと身を持って感じました。

ダイエットには運動と半身浴!

突然ですが管理人は運動が苦手です。
なのであえて体力がつくように、体を使う仕事に就いたこともありました。

ダイエットはまず食事制限から始める人が多いと思います。
ですが管理人は最初に体力をつけることが大切だと思っていました。

それは小学生の頃に倫理人自身の経験が関係していたからです。
小学生の頃はそこそこ体格が良く、スポーツもしていなかったのですが、バレーボールを始めると徐々に痩せていったのです。

その時「運動した後って、お腹すくから食事は食べるけど。おやつはあまり食べなくなったなあ」という事がわかりました。
運動するとストレス発散するからか、過食をしないようになりました。

仕事では夜勤もあり、なかなかハードな仕事でしたが、仕事に行くたびに筋力がつきました。
わざわざジムに行ってトレーニングしなくて済むので自分に合っていたように思います。

また、さらにダイエットを促進するために半身浴もしました。
本を読むのが好きなので、お風呂場に本を持ち込みんで1~2時間こもっていたりしていました。
すぐに汗をかいてしまうのですが、我慢していると汗と一緒に老廃物が体外に出ていくのが判ります。
脱水にならないように注意すれば比較的簡単なダイエット法だと思います。

ダイエットに必要なのは栄養と適度な運動

最近のメタボ族の影響もあって、ダイエットブームが下火になる事はなさそうな勢いです。
あるメタボ男性にどのようなダイエットをしているのかと聞いたところ、最近は腹巻状の腹部を抑えるような下着もあるので使ってみたいとおっしゃっていました。
ただ、この男性はこの腹巻は締め付けられてしんどいような気がするし、運動は嫌いだし・・・と言葉を濁されていたのが印象的です。
さらに食事は好きな物を食べて過ごしたい・・・とのことでした。

結局この男性がしている事は、中性脂肪等を落とす薬を薬局で購入して、毎日飲んでいるだけ。
大きなおなかを抱えて運動はしんどい、というわけです。

そのような人々の気持ちが理解できないわけではありません。
しかし、もう少し健康である事が一番だとの認識を持たないといけません。

健康で美しく痩せるという言葉の意味するものは、一つの食品がダイエット効果があるときくとすぐに食いつくような偏ったダイエットではありません。
また、細ければそれで良いというようなゴボウスタイルでもないのが事実です。
つまり、太りぎみの方に多い必要消費カロリーを大きく上回った食生活の改善と、運動不足による筋肉の衰えの強化改善だと思うのです。

おすすめの理想的な食事の摂取量は、自分の労働や、年齢に合わせた必要カロリーを検索後、一日の食事内容のチエックを1~3週間ほど続けることです。
すると自分の食事に不足しているものや摂り過ぎの物も把握できるようになり、全ての栄養素を摂れて空腹感の無い食事量を自分なりにコントロールすることができるようになります。

運動に関しては、どんなに疲れていても就寝前に3分だけ筋肉の衰えを改善する為に、簡単なストレッチをすることをお薦めします。
これも続けていくとだんだん身体の筋肉が柔らかくなり、痛くてできなかった90度に足を開いて床にうつ伏せしての顔つけもできるようになってきたりします。
もちろん何の痛みもなくです。

ダイエットというととにかく痩せるということに目が行きがちですが、決してがりがりを目指す事なく女性は女性らしい体のラインを保持した、健康で美しくをめざし続けた方がきっとダイエットも楽しくなります。

急なダイエットのリバウンドは怖い!肉割れに注意!

急なダイエットをする際には絶対気を付けておかないといけないのがリバウンドです。
頑張って痩せても、そのストレスから達成と同時に過食してしまったりするとリバウンドが起こりやすくなってしまいます。

そして、リバウンドより怖いのが急に太ったことによる肉割れ。
肉割れは急に太ったりしたときに皮膚がそれについていけず、真皮が裂けてしまうことをいいます。
皮膚は本来伸縮するのである程度の体系の変化には耐えられますが、それを上回るペースで皮膚が伸びると肉割れが発生してしまいます。
妊婦さんの妊娠腺も肉割れの一種ですね。
肉割れの怖いところは一度できてしまうとなかなか治せないことにあります。

また、肉割れはカラダをあまり動かさずに血行が悪くなってしまうと発生することもあると言われています。
肉割れを避けるためには急に太らないように気を付け、身体の巡りにも意思をはらう必要があります。
特にリバウンドは一気に太ることが少なくないので要注意です。

ダイエットをする際はリバウンドが起こらないよう、無理しすぎないことが大切です。
単純に体重が戻ってしまうだけではなく、肉割れまで怒ってしまっては元も子もありませんからね。
もし、リバウンドが起こらないようにダイエットしたいのであれば、無理な食事制限は避けた方がよいです。
身体の巡りという観点でも、食事制限(=栄養不足)は避けた方がよく、ある程度身体に栄養を補給しながらの方が少し時間はかかりますが、うまくいくと思います。

また、肉割れは血行不良や肌の乾燥で悪化しやすいと言われています。
マッサージや保湿、適度な運動といったケアも重要ですよ。

ダイエットに目標は必須!?5キロ痩せるには

衣替えの季節になって「今すぐダイエットしなくちゃ!」なんて思ったことがある人は多いのではないでしょうか?
でも、思い立ったはいいけど、どうやったら短期間で10キロもやせられるか判らない・・・そうこうしているうちに決意も薄れてダイエット失敗、なんて経験をしたことがある人は多いのではないかと思います。
かくいう管理人もダイエットを思い立っては失敗した経験が多数あります。

実はダイエットが失敗する原因は「目標」の立て方にも関係があります。
いきなり1ヶ月で10キロ痩せるなんて決めても、目標が大きすぎてなかなか実行できないのです。
ダイエットを成功させるためには小さい目標をたくさん立てた方が成功しやすいというデータもあります。

可能であれば1ヶ月で1キロ痩せて、10か月で計10キロ減といった目標の方が成功率はずっと上がります。
これは脳科学的にも立証されていて、大きすぎる目標はやる気を失う元なんだそうです。
1ヶ月で1キロくらいならそれほど我慢しなくても痩せられそうと思いませんか?
逆に1ヶ月で10キロなんてどうやっていいのか判りませんよね。

ダイエットは基本的に自制が必要ですので、なるべく楽しく痩せられる方法を選んでくださいね。
例えば、無理に運動したりファスティングしたりするのではなく、痩せるフルーツ青汁などを使って身体の栄養バランスを整えて脂肪を燃焼しやすくするといった感じがベストです。

10か月で計10キロという目標の場合、ほぼ1年にわたってダイエット(つまり制約ですね)するのですから、始める段階できついなぁと思うようなダイエット方法はまず失敗します(経験談です・・・)
管理人個人はリンゴダイエットのようなダイエット方法はあまり好きではありません。
確かに短期的にはすごく効果が出ますが、結構な我慢をしいられるので長続きしないのです。

そしてやめた途端にリバウンド、というオチもついてきますのでどうしても2週間で痩せたい!!というとき以外はストレスのないダイエット法を選ぶようにしています。
皆さんもストレスが少ないダイエット法の方が嬉しいと思いますし、恐怖のリバウンドを避ける意味でもこちらをおすすめしたいです。

効率よくダイエット!体質に合ったダイエットを~

これから夏に向けて露出が増える季節ですね。
寒い間隠れていた部分を出すとき、あ、、、ちょっとやばいかも、、、と毎年この時期になると不安になるあなた、効率良く短期間でダイエット成功させたいですよね。

短期間で効率よく痩せるためには、体質にあったダイエット方法が効果的だということをご存知でしたか?
色々試したがなかなか痩せることができなかったあなた!自分の体質を知り、効率よく手っ取り早く痩せましょう!

☆筋肉質なあなた
若いころスポーツをしていた、元々骨太で骨格がしっかりしている方など。良い筋肉は柔らかく弾力がありますが、カチカチにに固まった硬い筋肉は、老廃物や脂肪を含んでしまっている状態なのです。
このような筋肉の状態の場合は、血の巡り、血行の流れをよくすることが大切です。
筋肉を揉みほぐし、足先から付け根へと老廃物を流しましょう。
脂肪の燃焼を促すレバーや大豆、海藻類など積極的に摂りましょう。

☆脂肪量が多いあなた
筋肉量が少なく骨が細い、体力がないない方などには積極的に筋力をまずつけることが大切です。
ウォーキングをしたり、筋トレを行い代謝を上げることを重視に運動を行いましょう。
軽い運動で長時間続けられる自分に合った運動方法を選ぶことが大切です。
筋肉をつけると代謝が上がり、脂肪燃焼されやすくなります。

☆むくみやすいあなた
体の骨や筋肉が目立たない方などはむくみやすい体質だと言えます。
体内の水分が多く、脂肪も水も溜め込みやすく、新陳代謝が悪いためむくんでしまうのです。
カリウムを多く含む食材を摂取し、むくみの原因となる体内の水分と塩分を尿と一緒に排出してしまいましょう。
わかめ、ひじきなどの海藻類がとてもおススメです。
しかし、塩分はむくみの大敵です。野菜、果物にもカリウムは含まれているので、バランスよく食べることが大切です。

ダイエットも体質別で注意点は様々です。
ただ筋トレだけをしても効果は出ないということですね。
無理なく効率よくを意識して、自分の体質に合ったダイエット方法を試してみてくださいね!