昼一食ダイエット【体験談】

仕事が忙しくて不摂生をしてしまい、体重が過去最高になってしまったときのはなしです。
さすがに、見た目だけではなく健康的にやばいと思いダイエットを始めました。
結果的にはそこから半年間で12kgのダイエットに成功し、現在もリバウンドは全くしていません。

それは無暗にダイエットしたからではなく、ちゃんとしたダイエット法を調べてからダイエットを始めたカラダと思います。
このダイエットの具体的な方法は昼一食だけにします。
このとき、炭水化物は意識的に摂るようにしました。
なぜかというと、日中はビーマルワンという食べたものを脂肪に変えるホルモンがあるんですが、これが夜に比べると3分の1に減ってしまうからです。

つまり、夜に食べると昼間より太りやすいということです。
なのでお昼は好きな物を食べますが、夜は食べない、または食べてもほんの少量にします。
また、脂肪を燃焼しやすくするには箪笥怪物は必須なので、お昼は意識的に炭水化物を摂るようにしています。

そして、夜は炭水化物は一切食べません。
夕食は納豆にキムチと生卵、そしてキュウリもしくはセロリをまるごと一本そのまま食べます。
キュウリの場合はもろみみそをつけて、セロリの場合はマヨネーズをつけます。
あとは冷奴を食べます。
冷奴はかつおぶしとすったしょうがをのせて醤油をかけて食べます。

朝はプレーンヨーグルト200~250gにレーズンを入れたものくらいで軽く済ませます。
こう書くと甘いものが一切ないようですが、甘いものは午前中だけにしています。
10時頃にチョコレートなどすぐにエネルギーに代わって脳の働きを良くしてくれるものを選んでいます。

このダイエット法のいいところは昼に好きなものを食べられるという点です。
お昼限定ですが、欲しいものを食べられるというのはダイエットで色々制限がある中で精神的な助けになります。
1日中我慢の連続ではさすがに長続きしないことはこれまでの経験から判っていたので、救済があるという意味でも精神的に楽になりダイエットが続きやすいです。

ちなみにお酒は週1回だけ飲んでいます。
本当は飲まない方がいいのですが、あまり我慢しすぎてもダイエット失敗の原因となってしまいますので、少しくらい逃げ道を作っておいた方がいいかと思います。