ダイエットに焦りは禁物【体験談】

現在、軽い糖質制限と小豆ダイエット、ジョギングで理想的な体型目指して頑張っています。

振り替えれば、小学生から出不精で肥満児。
中学、高校とずっと帰宅部で、高校を卒業する頃にはもう立派なオバサン体型でした。
その頃が体重のピークで70キロほどありました。
さすがにこのままだとまずいと感じ、ダイエットを開始下のが短大に入ってからです。
当時は今ほど情報が豊富ではありませんでしたので、見よう見まねで夜ご飯をキャベツだけにするという、置き換えダイエットに挑戦しました。
この頃は若いということもあり、多少の無理も出来ましたので、半年足らずで55キロにまで減りました。
この短期間での15キロのダイエットに成功し喜んでしまったのが運の尽きでした。
ダイエットなんて簡単じゃんと思い込んでしまいました。
これが今でもダイエットに悩む原因かもしれません。

社会人になった私は、仕事での人間関係に悩むようになり、ストレスを感じるように。
もともと食べることが大好きで特に甘いものに目がなかったので、唐揚げや豚カツ、ご飯など出てきたものをすべていただいたあとスィーツというまさにデブまっしぐらの生活をしていました。
この頃はお腹をいっぱいにすることでストレスの発散にしていたのです。

この結果、学生時代に痩せた体型は元に戻ってしまったのです。
増えた体重は簡単に減らせれるとさほど重く捉えることができませんでした。
結婚をして一人ではなくなったこともあり、食生活はだいぶ改善しましたが痩せるには至らず。
夫婦は似てくると言われている通り、旦那までダイエットが必要な体型になってきたので一緒にジョギングと小豆ダイエットをはずめることになったのです。

一度しかない人生で、一回くらいはしなやかな肉体になりたいと夫婦で一念発起。
昨年秋から5キロのジョギングを週4で実施しています。
さらに今年から小豆スープを飲む小豆ダイエットも取り入れています。
その結果もあって3か月で5キロ痩せました。
今までずっと肥満体型だっただけに焦らずじっくりと取り組んでいくことで必ず未来は開かれると確信して頑張ります。